ユーザー登録
文字サイズ

広報こまき 平成30年3月15日号

紙上名画展

16/33

愛知県小牧市 クリエイティブ・コモンズ

開館30周年記念所蔵企画展-ひと-人・顔・姿

~初公開コレクション~重要文化財
【藤原興風像(ふじわらのおきかぜぞう)(佐竹本三十六歌仙切(さたけぼんさんじゅうろっかせんぎれ))】

期間:2018年3月21日(水・祝)-6月24日(日)
休館日:月曜日(但し4/30は開館)、5/1(火)

制作年:13世紀(鎌倉時代)
形質:紙本彩色、墨書
サイズ:35.8×59.8cm

本作は、もとは上下二巻から成る巻物で、秋田の藩主佐竹家に伝来したことから「佐竹本」と呼ばれています。数ある「三十六歌仙絵」のなかでも現存する最古のものであり、三十六歌仙の肖像に、その略伝と秀歌一首を添えたものでしたが、1919(大正8)年に一歌仙ずつに分割されました。
そのうちの一点である本作には平安時代中期の歌人である藤原興風が描かれました。老境を迎え、「誰を親しい友とすればよいのだろうか」と詠んだ歌が添えられています。長寿はめでたいことですが、それゆえの孤独感もあったのでしょうか。昔に思いを馳せるように遠くを見る後ろ姿が印象的です。
この作品は前期(3/21-4/22)の展示となります。

■メナード美術館 アートイベント
●メナード美術サロン
3月31日(土)
「歌仙絵を読み解く-佐竹本三十六歌仙絵を中心に-」
講師:四辻秀紀氏(徳川美術館学芸部長)

4月14日(土)
「《藤原興風像(佐竹本三十六歌仙切)》の修理について」
講師:星育子氏(株式会社文化財保存修復部部長)

5月20日(日)
「有元利夫作品と制作の周辺」
講師:有元容子氏(日本画家)

各日14:00~15:30
会場:メナード美術館アネックス(別館)
※会期中の入館券が必要申込先着60名
※未就学のお子様はご遠慮いただきます

●学芸員によるギャラリー・トーク
各回テーマを設けて解説します。お気軽にどうぞ!
4月21日(土)、5月3日(木・祝)
各日14:00~(約20分)
会場:メナード美術館展示室
※申込不要・当日の入館券が必要

●リピート割
本展の半券で、2回目以降の本展入館料が半額になります。
*入館時にご提示ください
*他の割引との併用はできません

詳細・申込先はメナード美術館ホームページをご覧ください!

メナード美術館DATA
開館時間:午前10時~午後5時(入館は4時30分まで)
休館日:月曜日
ところ:〒485-0041小牧5-250
問合先:【電話】75-5787
【URL】http://museum.menard.co.jp

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル
協力 小牧市 〒485-8650 愛知県小牧市堀の内三丁目1番地