ユーザー登録
文字サイズ

新春のご挨拶~ 2018 年を迎えて

1/27

愛知県小牧市 クリエイティブ・コモンズ

◆3つの都市ヴィジョン「こども夢・チャレンジ No. 1都市」「元気創造都市」「支え合い共生都市」の実現に向け、全力で
小牧市長 山下 史守朗(しずお)

新年明けましておめでとうございます。市民の皆様には、輝かしい新春をお迎えのこととお慶び申し上げます。旧年中は、市政運営に対しまして温かいご理解とご支援を賜り、心から厚く御礼申し上げます。
さて、昨年は、地域での支え合い・助け合い活動を促進する「こまき支え合いいきいきポイント制度」がスタートしました。これは、市民の方々が介護施設や高齢者サロンでのお手伝い、高齢者等のちょっとした困り事支援等の活動を通じて、地域での支え合い助け合い活動の大切さを実感していただいたり、高齢者への介護への理解を深めていただいたりすることを目的としています。市民が互いに支え合うことで、誰もが安心して暮らせるさらに住み良いまちの実現を目指してまいりたいと思います。
明けて本年は、平成26年度からスタートした新基本計画の最終年となります。3つの都市ヴィジョン「こども夢・チャレンジNo.1都市」「元気創造都市」「支え合い共生都市」の実現に向け、引き続き全力で取り組んでまいります。
その他、新図書館の建設につきましては、建設位置を小牧駅西A街区とし、2020年度末までに建設するスケジュールで現在は基本設計を進めている他、再開発ビルラピオ内に整備を予定している(仮称)こども未来館につきましては、先行して子育て世代包括支援センターの整備を進め本年夏のオープンを目指すなど、中心市街地の活性化に向けた取り組みを精力的に進めてまいります。
また、小牧山の麓に史跡小牧山の歴史、城郭などを学ぶことができ、情報発信の拠点となる(仮称)史跡センターを、平成31年春の完成を目指し、着工してまいります。
なにとぞ本年も、市民の皆様のご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げますとともに、皆様のご健勝とご多幸をお祈りいたしまして新年の挨拶とさせていただきます。

◆身近な議会の実現にむけて
小牧市議会議長 玉井 宰(おさむ)

新年あけましておめでとうございます。市民の皆様におかれましては、健やかに新春をお迎えのことと、心からお慶び申し上げます。また、市議会に対し、温かいご支援・ご協力を賜り、心より厚く御礼申し上げます。
昨年を振り返りますと、国内国外共に、集中豪雨、地震などの災害に加え、国際情勢にかかわる緊張が懸念される事案がありました。「備えあれば憂いなし」と言われているように、常日頃から、準備しておくことが大切であります。市議会といたしましても、昨年、議会改革の取り組みを推進する中で、災害時の市議会・議員の行動指針の必要性から、「大規模災害発生時における小牧市議会の対応要綱」等を策定しました。非常時の対応が、迅速かつ円滑にできるよう議会として協力、支援を行っていきたいと思います。
また、全国的に議員のなり手不足、また議員の資質・議員活動にまつわる問題も取りざたされ、議員への信頼回復が大きな課題となっております。議会からの情報発信は、住民からの関心を高め、住民参画に重要な手段です。そういった中、平成24年から、より開かれた議会を目指して開催しております「議会報告会と市民の意見を聴く会」については、定着化はしてきましたが、参加者が固定化するなど課題も出てきました。今年は、市議会の情報を発信すると同時に、より参加しやすい・語り合える場とするために、各種団体との意見交換を新たに行い、議会と市民が対話する場のいっそうの充実を図ります。市民の皆様に関心を持っていただければ幸いであります。
「まちづくり」の主役は、あらためて申し上げるまでもなく、市民の皆様です。今後も激動する社会情勢を見極めながら、議会の果たすべき役割と責任を自覚し、皆さまの声を市政に反映してまいる所存であります。
今後とも一層のお力添えをお願い申しあげますとともに、本年が皆さまにとりまして幸多く実りある飛躍の年となりますよう心からお祈り申し上げ、新年のあいさつといたします。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル
協力 小牧市 〒485-8650 愛知県小牧市堀の内三丁目1番地